• 製品
  • ソリューション

    LianTronicsは、LEDビジョンと3D放送コンテンツのカスタマイズを含んだワンスト ップのプロな裸眼3D LEDディスプレイソリューションを提供する。長年の豊かなLEDビジョン経験によって、LianTronicsは特許のシームレス曲面ディスプレイ技術を開発して、裸眼3Dの届けに完璧なたんたいを提供したと同時に、3Dコンテンツ製作のプロチームも作った。今迄、LianTronicsは11箇所以上の都市で、総面積が8000平米超えの裸眼3Dプロジェクトを設置した。

    裸眼3D LEDビジョン

    LianTronicsデジタルサイネージディスプレイソリューションは、手頃な価格で細かく細工された広告LEDディスプレイを採用し、屋内と屋外の両方の設定で通りすがりの人にコンテンツを紹介します。 鮮明で明るい画像を使用するによりコンテンツが最大限に強調することができます。

    デジタルメディア

    LEDディスプレイが没入型ダイナミック背景の作りに応用されて、LEDバーチャ ルスタジオはハイスペックのLEDビジョンとカメラ追跡システム、リアルタイムレンダリング技術等で組み込まれて、モーションキャプチャーとAR & VRなどの先進技術を利用して、クロマキーや高価なポスト・プロダクションなしでバーチャル・プロダクションができる。

    LEDバーチャルスタジオ

    LianTronicsの専用放送スタジオソリューションは、コンテンツプレゼンテーションキャリアとして高解像度LEDウォールを採用し、仮想と現実の組み合わせ、仮想埋め込み、大画面パッケージング、オンラインパッケージング、コンバージェンスメディアアクセス、ストリーミングメディアニュースフィード、データ視覚化などを1つに統合します。 雰囲気の生成、情報の多様化、TVホスト/ニュースアンカーとインタビュイー/オンザスポットレポーター間のコミュニケーションの強化、および視聴者との対話における次のレベルの改善を達成しました。これにより、情報の双方向性が大幅に向上します。 選択性、視聴者に強い視覚的影響を与え、プログラムのプレゼンテーションに革命的な変革をもたらします。

    放送スタジオ

    会議表示装置は作業効率に重要であり、60%以上の感知情報を収集するので。LianTronics専門会議室によると、解決策は最先端の高清技術に基づいて、流暢な「転送-実行-フィードバック」の指揮プロセスを提供し、効率的な会議を助力する。

    会議室

    LianTronicsが長い間試練されてきたコントロール室は、解決策セットの通信、指揮、制御、およびメッセージを一体に表示し、動的、応答性、正確に異なるチャネルからの総合情報を提示して、緊急状況と重大事件に対応するために迅速に決定することができる。

    コントロール室

    LianTronicsの高解像度データセンター可視化プラットフォームは、インテリジェントシティ、インテリジェント交通、インテリジェントエネルギー、インテリジェントセキュリティ、各業界データセンターに広く応用されており、各種データの集約、総合分析、ダイナミックモニタリング、閾値警報、リアルタイム手術を提示している。

    データセンター
  • ケース
  • サービス

    あなたの満足感、私たちのモチベーション。

    顧客サービス

    参照用にカタログされた製品情報。

    ダウンロード
  • ニュース

    LianTronicsのディスプレイ技術、製品、業界動向に関する最新ニュースを最新の状態に保つ。

    プレスリリース

    ディスプレイ業界に関する有用で一般的な知識を得る。

    ブログ
  • 企業情報

    信頼できるディスプレイ ソリューション プロバイダー。

    会社プロファイル

    製品の厳格な品質管理と国際市場へのアクセスのための認定証明書。

    証明書

    LianTronics Huizhou生産基地は2009年に設立され、面積は8万平方メートルで、国内で最も先進的な自動化生産ラインを持っています。月間能力は1万平方メートルに達して、世界の前列にランクします。

    生産基地
  • お問い合わせ

    世界中のグローバルなカスタマーサービスネットワークのカバレッジ。

    サービスネットワーク

    どんな質問でも。お 問い合わせ!

    オンラインメッセージ

    2020年、LianTronicsは、世界中の流通ネットワークを開発する計画を開始する「サンワード計画」を正式に立ち上げました。「太陽のための計画」に暗示される「太陽」とは、LianTronicsチーム全体が輝くヒマワリのように団結し、太陽からの輝きを均一な色に変える、すべてのLianTronicsディストリビューションパートナーを指します。

    代理店の開発

「外灘」に上陸! LianTronicsは上海で最大の屋外ファインピッチLED壁を完成しました。

2021-11-10 267

陸家嘴にある浦東美術館は、現代芸術のランドマークとして、国慶節の前夜に新たな姿を見せます。詩的な建築とともに、「デジタルアクションのオペラフェイス」が大衆の視野に飛び込む。この「東方ルーブル宮」という奇妙なプロジェクトはLianTronicsを作られています。現在上海で最大の屋外ファインピッチLED壁です。



外灘から黄浦江を眺めると、陸家嘴のシンボル的な空路が現代上海の縮図です。しかし、MAPの到着のために、この位置はわざわざ三年間保留されました。すぐに建設の足どりに従って、LianTronics LE壁は博物館に定住して、上海の1枚の新しいきらめく名刺になります。



「Grand Vere」スクリーンは上海の新しいランドマークを作ります。
浦東美術館はいわゆる「詩意の地」に位置し、上海市政府が重点的に建設した文化プロジェクトであり、上海文化新ランドマークと国際文化芸術交流の重要なプラットフォームです。


博物館は黄浦江に面しています。奥行き5メートル、幅55メートル、高さ12メートル、そして6メートルの大きなガラスのカーテンウォールから構成されています。フランスの有名な普リーズ克賞受賞者Jean Nouvelがデザインしたもので、そのインスピレーションはMarcel Duchamp’sの芸術作品「Grand Verre」から来ています。



浦東美術館効果図(MAP)


Jean Nouvelは上海都市計画設計研究院が組織する公共フォーラムで、「この建物は夜でも快適に見えるが、近くのランドマークと相乗効果がある」と述べました。



LianTronicsを作った巨大なファインピッチスクリーンは「大きなガラス」の後ろにあります。総面積は800平方メートルです。10 Kの標準解像度をはるかに超え、巨大なLED壁は8600万画素近くを運び、世界芸術の傑作を展示する窓を開けます。


「芸術品がない場合や照明がない場合、黄浦江のガラスに対して外灘の向こう側の建物が反射されます」とNouvel工房の建築家、陳晨さんは澎湃ニュースの取材に対し、コメントしました。ガラスの後ろには巨大なスクリーンがあります。単一のモジュールで構成されています。したがって、芸術家は完璧な芸術作品を作ることを選択できます。またはいくつかの明るくないものと明るいものを残します。カーテンを開けてもいいです。真っ黒な背景に変えて、これらはすべて芸術家のために多様な創作可能性を提供しています。


浦東美術館効果図(MAP)


革新の精密化は上海最大の成果をあげました。
MAPの巨大ビデオ壁はLianTronics PH 3 mm LEDディスプレイでカスタマイズされています。IP 65高防護等級、優れた放熱、超低エネルギー消費などの特徴を持ち、上海最大の屋外ファインピッチLED壁となる。


スクリーンは「Grand Vere」の建物の内部にあるため、放熱はLED壁の大きな挑戦となります。プロジェクトエンジニア闫向陽は「我々は画面を冷却するための特殊な解決策をカスタマイズしました。LED壁全体の設計は優れた熱対流性を持っています。また、電力消費が低く、ガラスの後ろで画面がよく動きます。」と言いました。


エンジニアは「また、IP65の保護を実現するために、我々はディスプレイを接着するために電子燃料噴射機を革新的に改造しました。」「0.1 mmのフィラー隙間しか残っていません。これは数百回のテストを行います。私たちのプロセスを調整するために大きな挑戦をしました。」と言いました。


数百回のプロセステストのほかに、数百回の現場展示効果テストがあります。「二重メガネを通して優れた視覚伝達を表現するために、一日の環境光によって大量の計算を行いました。コントラストや明るさなどの表示パラメータを調整して、人の目の視覚快適さに適応しました。」と言いました。


創意LED立方体は博物館のシンボルに呼応します。
巨大な「Grand Vere」のLEDスクリーンのほか、LianTronicsによって作られた博物館マークの形をしたアイデアLED立方体があります。


100以上の異形ディスプレイが建物の上部に完璧に埋め込まれ、「MAP」のパターンと似た二次元コードの部分を形成し、漢字の「福」の字をなぞらえ似せ、英語で「幸運」として気に入っている。



LEDキューブ表示ソリューションは12回にわたって改版されました。 LianTronics製品の設計エンジニアの劉青さんは、「キャビネットの構造を何回も計画しました。最終的にキャビネットのサイズを19種類に半減して、薄型ディスプレイを最大限に発揮させます。」防水性、内部配線、取り付けの利便性、メンテナンスの友好性を考慮して、特に60ミリの後部だけが接触性があり、いくつかのディスプレイが対角に設置されている場合があります。ディスプレイは建物の正面に保持されている穴を通して設置されます。すべてのディスプレイは完璧な設計と設置が必要です。性能を発揮することができます。


また、不規則表示全体をより良く連動させるために、Liantronicsプロジェクトチームは特に全IP分散表示システムを採用し、表示と制御の新たな高さに挑戦している。


「Warrior」チームは中国最大の屋外PH 3 mmスクリーンを作っています。
LianTronicsチームが直面するもう一つの大きな挑戦はインストールです。太陽の光が二重ガラスを通した後、LianTronics チームは密閉室内で40℃以上の高温を耐えます。また、LED壁はフロントガラスからわずか10 cmしか離れておらず、ディスプレイの組み立てとメンテナンスに大きな困難をもたらしています。


「同期作業現場なので、工事現場は非常に複雑です。」LianTronics工事チームの朱明さんは言った。テレビの壁の表面とガラスの間の距離は10センチで、スクリーンの表面に触れることができなくなり、操作空間が制限されました。

スクリーンキャリブレーションとメンテナンスの面では、反射ガラスも私たちに迷惑をかけました。しかし、私たちの施工チームは勇士のようにあらゆる困難を克服し、一ヶ月以内に完璧にセットアップからデバッグまでのプロジェクトを完成しました。


LianTronics屋外のファインピッチLED壁が浦東美術館に初めて登場したことは大きな意味があります。これは上海が世界文化芸術を展示する新たなランドマークだけでなく、世界に驚嘆させる屋外可視化ソリューションを提供する技術力の重要な窓口でもあります。



LianTronics